無料カウンターセフレ募集出会い出会いメールフレンド無料カウンター巨乳出会い無料動画無料動画無料出会い

2008年04月29日

NHKスペシャル

今日のNHKスペシャル
「ミラクルボディー 〜ハイジャンプ翼なき”天才”〜」

面白かった。
内容は、アテネ五輪の走り高跳び金メダリスト「ステファン・ホルム」選手と、前回の世界陸上の走り高跳びチャンピオン「ドナルド・トーマス」の違いを科学的に解析するというもの。

その違いを一言で言えば、
・ステファン・ホルム:努力型
・ドナルド・トーマス:天才型

なんつっても、一番驚いたのは、ドナルド・トーマスが走り高跳びを始めて一年半で世界陸上を制覇したということ。何より、生まれて初めてとんだ高飛びで、222センチ(日本記録)を飛んだこと。そして、その飛び方も、かなり独特。垂直飛び93センチの脚力を生かして、バーに極めて近い位置で踏み切る。そんで、空中で足をバタバタさせて飛ぶのだ。他の選手から比べてみると、少し不恰好な飛び方だが、それでも230センチ以上の高さを飛ぶのだから凄まじい。

北京オリンピックの楽しみがまた一つ増えた。
あと、柔道も楽しみ。ブラジルの選手達が柔術みたいな戦い方をするんだよなあ。
posted by ノゲイラゆうり at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。